名刺管理の電子化によるペーパーレス化|様々な情報を管理

個人情報保護の認定

男の人

近年、日本国内の企業では個人情報保護に対する意識が高まっています。個人情報保護が適切に行われているかどうかは取引にも影響するほど重要視されるようになり、それを行っていることを証明する認定の取得は企業にとって必須となってきました。その認定というのは、プライバシーマークと呼ばれるものになります。プライバシーマークは一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDC)が認定することで企業が取得できるマークで、これを取得している企業というのは客観的にみて、個人情報を適切で安全に管理している企業だと言えるのです。
企業がプライバシーマーク取得を行うのは、簡単なことではありません。プライバシーマーク取得までには様々な手間の掛かる作業があり、時間も要します。また、取得したとしても2年毎に更新が必要となり、その時々に更新費用を支払う必要もあるのです。プライバシーマークの取得に掛かる期間を短くし、計画的に更新費用を算出したいと考えるのであれば、コンサル会社に依頼することをお勧めします。コンサル会社というのは、プライバシーマーク取得コンサル会社のことを指し、文字通りプライバシーマーク取得の支援を行ってくれる会社です。コンサル会社に依頼することで知識のない企業であっても、知識を身に着けつつ確実にプライバシーマークを取得することができるでしょう。また、短期間での取得も可能な場合があり、すぐに企業のリスクマネジメントができる、といったメリットを得ることができます。コンサル会社では、PDCAを運営するための社内システム構築に関する相談も受け付けているので、気軽に相談してみるとよいでしょう。